前へ
次へ

恋人と旅行の行き先を決めるときの注意点

交際期間が長くなると2人で旅行に行ってみようと思う機会も出てくるのではないかと思います。
ただし恋人との旅行はケンカなどもめごとの原因にもなります。
恋人と旅行に行くときに注意することは何があるのでしょうか。

旅行先を決める場合ですが、まずは行き先を明確にして費用がどのくらいかかるかをある程度把握しておきましょう。
旅行の場合どちらかがすべて出すことは少ないので予算がかかりすぎる場所は相手への負担になってしまいます。
予算を調べたうえで相手が行きたいと思っているところや食べたいと思っているものがある場所に行けるのであれば、その場所を提案してみましょう。
また行きたいと思う場所がはっきりとないのであれば、旅行代理店などにあるパンフレットを参考に予算内で自分も相手も楽しめそうな場所をいくつかピックアップしておくか窓口などで相談してみるのがおすすめです。

また行き先を決める場合は相手におまかせにするよりも一緒に決めると後でもめごとが少なくなるのでおすすめです。
どうしてもおまかせをしたいというのであれば、行く前にどんなプランを立てているのかは確認しておく、あるいはもう相手にまかせたのだから何も文句は言わないくらいの考えでいた方がよさそうです。

プランを立てる際はお互いの行きたい場所・食べたいもの・やりたいことなどをしっかりと話し合っておきましょう。
どちらか一方の要望だけを優先したり、どこでもいいというような投げやりな態度は相手の気持ちを冷めさせてしまうことにもつながります。
どうしても行きたい場所が思いつかないなど要望が思い浮かばない場合や言い出しづらいというときは観光名所に行くのもいいけれど美味しいものを食べ歩ける方がどちらかといえば嬉しいというように、どちらの方が自分は楽しいと思うのかという意思を伝えておくようにしましょう。

またなるべくスケジュールには余裕を持たせておくようにしましょう。
予想外の事態が起きたり、混雑などで思っていたよりも長く時間を取られる可能性もあります。
そういったことも想定して予定を詰め込みすぎないようにしましょう。
また逆に時間が余る可能性もあるのでそういった場合に立ち寄れそうな場所を見つけておくのもおすすめです。

また行き先・宿泊先へのアクセスなどもきちんと把握しておきましょう。
道が分からず迷ってしまうのは相手に不安を与えてしまいますし、もめごとの原因にもなります。
行った先で恋人とトラブルになってしまってせっかくの楽しい旅行を嫌な思い出にしないにためにもできる限りきちんと確認をしておくようにしましょう。

Page Top