前へ
次へ

浮気したいと思う瞬間

恋愛をしていると、恋人ではない人とつい浮気してしまったり気持ちが揺れてしまったというときがある人も珍しくはないと思います。
しかし、最初から浮気をしたいと思って交際を始める人は少ないのではないかと思います。
どんなときに人は浮気したいと思うのでしょうか。

長く過ごしていると関係がマンネリ化してしまったり、出会ってすぐのときめきは減っていきます。
そうなると違う刺激が欲しくなってしまって、浮気をしたいと思ったという声もありました。

また、仕事が忙しかったり互いの予定が合わなくてなかなか一緒にいられない時間が増えたことで寂しさを感じたり、自分が大切に思われていないと感じてしまい浮気をしたいと思ってしまうようです。

しかし、相手と一緒にいられるから浮気をしたくならないということでもないようです。
実際に相手と一緒に過ごしていてもケンカばかりだったり、自分に対して無関心な態度をとられたり相手を必要以上に束縛しようとすると、この人と一緒にいても楽しくない・安らげないと感じてしまい、浮気に走ってしまいたいと思うという声もありました。

また意外に無意識にしてしまうことで浮気のきっかけになるのは、「友達の恋人はもっと優しいのに…」というように他の相手と比べてしまうことです。
言った本人には悪気はないのかもしれませんが、誰かと比べられることは相手のことをひどく傷つけることにもつながります。
また人によっては「そんなに自分以外の人のことを褒めるなんて自分を馬鹿にされているようで気に入らない」と思われる可能性も高いので、誰か他の相手と自分の相手を比べるような言動はしないほうがよさそうです。

また、自分が浮気をする前に相手が既に浮気をしていたので何か仕返しをしたいと思ったという声もありました。

このように浮気をしたいと思う瞬間は様々ですが、ある程度共通しているのは、相手から自分を大事にしてくれているという感情や行動が感じられなくなってきているということです。
浮気をしていたというのはもちろんですが、会えない時間が長くなっていたり束縛をしすぎてしまうなど相手に対する態度や行動によっては相手の気持ちを離れさせてしまっていることもあり得ます。

ですから時々自分の言動や行動を相手の立場に立ったうえで振り返ってみましょう。
そのうえで自分に心当たりがあるのであれば、会えるようにスケジュール調整をしてみたり連絡の頻度を少し多めにしてみましょう。
また少し束縛しすぎているなと感じているのであれば少し相手のことを信用して束縛を減らしてみるのもおすすめです。


Page Top