前へ
次へ

交際相手からプロポーズされないときにおすすめの行動

それなりに交際期間も長くなってきたしそろそろ結婚したいのにプロポーズしてくれないということもあるのではないかと思います。
そんなときにおすすめの行動がいくつかあります。

まずは相手に対して結婚を遠回しに意識させたうえで、自分と結婚することへのメリットがあるということを感じてもらえるようにしましょう。
結婚を遠回しに意識してもらうのにおすすめなのは、周りの友人たちが結婚したなどの話題がおすすめです。
ただし話題を切り出すのであれば、せかすような雰囲気にするのではなく「周りの友人が結婚したのでなかなか会えなくなって寂しい」というように寂しいという雰囲気を多めにアプローチをするとよさそうです。
実際に「周りの友人が結婚していくのを見てそろそろ結婚しようかと思いプロポーズをした」という男性の声もあるのでもし相手との将来を考えているのであればおすすめのアプローチ方法の1つです。

また自分といることに対するメリットを感じてもらいたいのであれば料理や家事などのスキルをあげたり、金銭感覚がしっかりしている点をアピールしてみましょう。
やはり家事ができる女性の方が選ばれる確率は高くなりますし、これだけ家事ができる人であれば結婚しても幸せな家庭を築けそうだと思われることで結婚に関する相手の意識をよくすることもできます。
そんなことを言われてもあまり家事は得意ではないので、どうしたらよいか分からないという人でも諦めずに行動してみましょう。
たとえ苦手なことでも料理本を見て何か作ってみる・いつもよりも部屋の掃除や家計管理に気を配るなど、相手のために頑張る姿勢をきちんと見せるだけでも相手の気持ちに変化を与えられる可能性はけして低くありません。

それでもなかなか変化がない場合や直球で勝負をしたいとのであれば、結婚する気がないのならばあなたとは一緒にいられないということを思い切って伝えてみましょう。

ただしあまりにも焦って相手に圧力をかけすぎてしまうと相手に嫌われてしまったり引かれてしまう可能性も高くなります。
ですので、交際相手の様子を観察したり、プロポーズをしてくれない原因を考えつつ行動を起こしてみましょう。
仕事が忙しいなど相手方に気持ちの余裕がないように感じられるときは少し待った方がよさそうです。
あるいは自分の方から相手にプロポーズをするという方法もあります。
それでも何もアクションがなかったり様子が変わらないのであれば、相手にその気がないと判断をしてキッパリと別れた方が良いでしょう。

Page Top